リクエストに応えてマジョリータ

掲示板のほうに
「 マジョリータのイラスト載せてください」とのリクエストがあったので、
昔、描いたイラストを発掘してきました。
b0019643_21144179.jpg
b0019643_21145587.jpg
b0019643_037169.gif


「マジョリータ」というのは、1990年代の終わり頃、
「小学四年生」読者ページの10年目、「ズバット特捜隊」のキャラ。

男の子キャラが「ズバッ太」で、女の子が「くるりん」。

「よっちん」と「マリリン」で7年間読者ページをやり、
8年目と9年目は、タレントの「グレート・チキン・パワーズ」が
キャラクターとなってました。
で、10年目に「元に戻そう」みたいな話になって、
「前とまるっきり同じじゃつまんない」とか言うんで、
キャラクターを新設定。

で、「正義の味方のスバット特捜隊」と「悪の女王」が
闘いながらハガキを紹介する・・・とかいう特撮チックな設定になったんです。

で、僕が、「戦隊ものの女幹部」と「タイムボカンのドロンジョ」を
パクッたような「マジョリータ」を出した。

ところが、
相棒のイラストレーター杉山さんの書く「くるりん」はボーイッシュなので、
それに対応するように「母性的な女王様」になっちゃったんです。

ホントは「巨乳キャラ」を描くのにワルノリしてただけなんですが。
当時は「だっちゅーの」の「パイレーツ」が流行ってましたから、
「オッパイがでっかい」というのが、明るく、妙に健康的なギャグみたいに
世の中にとらえられており、
担当さんが、のちにグラビア雑誌で辣腕をふるうようなオッパイ星人でしたので、
「ぜんぜんオッケーですよ!」のノリで、面白がって描いてました。

「規制、規制!」と、都知事様が叫んで、漫画が縮こまってる今から考えると、
こんなモンが「小学四年生」に載っていたとは。我ながらシンジラレナイ。
いろいろヒンシュクを買っていたのかもしれません。
担当さんが守ってくれてたのかもしれないですね。いい時代だったなー。

で、なんか途中で、どんどんワルノリして、
「オッパイを強調するような馬鹿馬鹿しいコスプレ」をさせたりしたんです。

ここに飾ったイラストは、連載が終わってから、描いたものですが、
そんなようなコンセプトで描いたラクガキです。
99年にMacを導入し、CGの練習のために描いたものだと思います。

「だんご3兄弟」は、あの歌が流行っていたから。なんというか、セクハラだろ!

「レインルック」は、描いた時が梅雨時だったのかも。
「悪趣味」というのも90年代後半のサブカルシーンの流行ですね。

「ハロウィン・スタイル」は、もちろんハロウィンにちなんだもの。
服装のベースになってるのは、80年代後半にちょっとだけ日本でも流行った「エルヴァイラ」。
[PR]
by uorya_0hashi | 2011-06-20 21:16 | お仕事関連
<< ミス・サニタリーの理想のトイレ スカパーHD用のHDD内蔵チューナー >>