PCエンジンマン2013

えー。漫画の仕事はやっております。
前ほど忙しくないですが。

以前あった、自分のホームページ「怪力漫画館」がなくなってしまったので、
しょうがないから、こちらの「血染めの鉄鎚」を
お仕事のための、「営業用」に充実させよう・・・と、なんかそんなことで。
「何にも仕事してない」みたいに思われるとアレですので。

一部、他のSNSに書いた文章と重複しますが、「営業用」です。これは。

とりあえず、最近書いたイラストです。

80年代後半、最初のファミコンブームや
その後のテレビゲームブームのとき、
「攻略本」や「マル秘技大百科」なんていう子供向けの本や
「ゲーム雑誌」に、「ゲーム機」のハードそのものを擬人化して描いて、
それを語り部にソフトを紹介したり、
「攻略本」のオマケ漫画を描いてました。

「そのキャラを久々に書き下ろしてほしい」との依頼があったんです。
「レトロゲームの中古販売業者」から。ホームページに使いたいんですって。

b0019643_18584490.jpg

小学館の「月刊PCエンジン」という雑誌に、創刊号から休刊号まで活躍した
「PCエンジンマン」です。
創刊準備号だかに「これがPCエンジンだ!」とかいう、説明のための
「学習漫画」みたいなのがあり、そこで「説明役」として誕生。
「斬新なデザインだ!」と編集長から褒められて、
創刊号からずっと、雑誌の読者ページの「怪力美術館」というイラスト投稿コーナーの
ナビゲーター役でした。PCエンジン本体が黒くバージョンアップされたりすると、
このキャラもそのデザインに合わせてバージョンアップしてゆきました。

b0019643_195725.jpg

PCエンジンというのは「コア構想」といって、本体に周辺機器をどんどんくっつけていって、
バージョンアップしていくというのがウリになってました。確か、そうです。
で、メディアをHuカードから、大容量のCDロムに替えるため、CDロム用の
ドライブが売り出された。本体に「合体」させて使うわけです。

で、そのとき「PCエンジンマンの助手(女キャラ) CDロム子のデザイン大募集!」とか
誌面で募集して、採用されたのがコレ。一番気に入った作品をアレンジしたもの。

PCエンジンマンが「合体させろ!」と口説くというアイデアもありましたが、
もちろん没になりました。そんなの当然だろ!

b0019643_19132940.jpg

PCエンジンマンのライバル「キャプテン・メガ」。
セガのメガドライブが元ネタ。「月刊PCエンジン」に乱入し、
PCエンジンマンをぶん殴って、「怪力美術館」を占拠。
常連投稿者の作品を全部ボツにして、新人のあんまり上手ではないイラストを片っ端から採用。
読者ページの「下克上」を強引に展開し、自らのシンパをふやし、
「やがては月刊PCエンジンをメガドライブ一色に塗りつぶそう」と企む悪の権化。
なんていう設定で、読者ページを盛り上げるつもりで出て来た悪役ですね。
実際は思ったような展開にならず、なんかすぐにPCエンジンマンと仲良しになり、
フェードアウトしてしまいました。

PCエンジンの雑誌に、セガのゲームが悪役として出てくる・・・というのは、
あまりに斬新で、乱暴。
今やったら、どっちのメーカーからもクレーム来ると思いますが、
当時は大雑把で、どっちからも・・・担当してる編集者からも、何も言われなかった。
「はははは。いいんじゃないですか。盛り上がれば」てなかんじ。

昔はよかった。(てな感じで続きます)
[PR]
by uorya_0hashi | 2013-11-22 19:27 | お仕事関連
<< ファミコンマン2013 東北大震災から2年 >>