埼玉県のまんが47都道府県研究レポート後半

後半です。

某子供向け新聞に毎週連載したとき、
一回が6ページの連載で、
各都道府県を2回、計12ページ(東京や北海道などは3回)で連載しました。
なので前半、後半で、「説明役のキャラ」がチェンジしたり、
6ページごとにオチがついたりしてます。

説明役のキャラは、郷土の生んだ偉人(の幽霊)か、
主人公の「またさぼろうのイトコ(すなわち精霊)」が勤めております。

最初はその土地の住人・・・農家や漁師のおじさんや地元小学生だったのですが、
なかなか「変化をつける」のが難しくなり、
「ゆるキャラ」みたいなのがいいだろう・・・と判断して、
各地元の「ゆるキャラ」に連絡つけて許可もらって共演・・・とか企んだのですが、
そんなメンドクサイことに編集部が賛同してくれるわけもなく、
「オリジナルのゆるキャラみたいなもの」ということで、「またさぼろうのイトコ」が
しょっちゅう出てくる事になりました。
まあ、主人公が2人出て来て、片方が「地元のコスプレ」してる感じですね。
発想は安易なのですが、描いてみると、意外にかわいらしいのがデザインできました。

埼玉の「さきたまさぼろう(ハニワ)」「こいのぼろう」なんて、
なかなかナイスなデザインと自画自賛。本当に地元に採用してもらいたいくらいだ!

さて、宣伝ですが、
この「地理まんが」・・・「まんが47都道府県研究レポート」は偕成社から全6巻で絶賛発売中!
こないだ全巻増刷しました。バンザ〜イ!
新聞連載時から、かなり内容が変わっております。改訂作業、大変でした。
http://www.amazon.co.jp/dp/4035438200/
小学生のための日本地理のお勉強に最適です! 
b0019643_18575416.jpg
b0019643_18532538.jpg
b0019643_18534080.jpg

b0019643_18541075.jpg

最後のところ、千葉県のトビラが入っております。あしからず。
[PR]
by uorya_0hashi | 2014-09-18 19:00 | お仕事関連
<< ピカットくん:01 チコクか、... 埼玉県のまんが47都道府県研究... >>