たたかえ!地球ぼーえー隊MAC:03 いっこくさんの左手は天才発明家!?の巻

3回目。まだ「設定ギャグ」やってますね。
自分はSFが苦手で設定こねくりまわすのは大嫌いで、
このテの漫画はあんまり描きたくないんですが、
「地球防衛隊の漫画だ」ってことでスタートしたのでやむなく。

b0019643_11275389.gif
b0019643_11274619.gif
b0019643_11273722.gif



とりあえず、「設定紹介」こなしながら、「防衛隊のメンバーひとりひとりを際立たそう」と
してます。前回の「スマイル0円」では店長。
今回はウルトラマンとかでおなじみの「ワンダバシーン」「すごい戦闘機」をやりつつ、
腹話術士「いっこくさん」を際立たせる事に。

いっこくさんというのは、「いっこく堂」さんからのパクリ。
でも、「左手が天才発明家」で「右手が体育会系のお姉さん」、
「いっこくさん本人は傍観者」で、
プラベートな時間含めて、いつも「そのまんま」。
いっこくさん本人が腹話術として演じているのか、
「寄生獣」みたいに手にナニカが寄生しているのか、
それは作者にもわからない(なにも考えてない)という設定。

我ながら「斬新だ!」というか、「パクリのモザイクだろ!」なのですが、
これ、このまんま掘り下げても面白かったな。
でも、ま、腹話術って、なんかフシギでおかしいから、
昔から、わりと漫画に出て来ますね。そんなに斬新でもないのか。

オチについては「あ〜あ」・・・「よくあるというか。ま、こんなもんだろ!」

出てくるメカが松本零士風なのは、ソレしか描けないからです。
人生でメカを真面目に描いたのは、最初のヤマトのブームの時だけ。
あの変なメーターを山ほど描いて、間をベタで塗りつぶして悦にひたってました。
で、それ以来、「メカなんて描きたく無い。面倒くさい」。
だから、それしか描けません。


[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-16 11:46 | お仕事関連
<< たたかえ!地球ぼーえー隊MAC... たたかえ!地球ぼーえー隊MAC... >>