たたかえ!地球ぼーえー隊MAC:12 ミート皇帝参上!の巻

「第9話」から「11話」までは、「スキャンしてデジタル化」というのをやっていません。
家のどこかに「切り抜き」があるハズなのですが、よく探さないと出て来ない。
で、とりあえず「あるぶんだけ公開」します。第12話。

この回から、「3ページから5ページ」にページ数が増えました。
1年間連載して、スポンサーさんがさらに力入れてくれるようになったんですね。
(要するにスポンサーが出すお金が増えた)
ありがたいことです。
とはいえ、自分のギャラは2ページぶん増えただけです。当然ですけど。

普通の漫画みたいに、編集部が「人気があるからページ増やそう」と判断したわけではないです。
ただ、クソミソに駄目な「人気の状態」なら、「やめよう」となったハズで、
そうならないでページ増えたのだから、「それなりの手応え」はあったんじゃないのか。

すこし前に担当さんが変わり、「幼児むけテレビ雑誌」を編集されてた人になりました。
で、その人の意向で「ページ増えたんだから、いつも出てくるレギュラーの悪役を出す」
ことになりました。
b0019643_13373718.gif
b0019643_13372680.gif
b0019643_13371037.gif
b0019643_13365771.gif
b0019643_13364722.gif

この「ミート皇帝」というのは、「幼児向けテレビ雑誌」で連載してた
「タートルズ」の悪役「シュレッダー」がモトになってます。
僕が「タートルズ」の漫画の中で、シュレッダーをどんどんマヌケにしていったのですが、
その時の担当さんがコロコロに異動して来て「あれ、おかしかったから、またやろうよ」
と、なったわけですね。

ミート皇帝たちは「バガリアン星人」の「支配者階級」で、
しもじものバガリアンとは形も違います。
と、いうか、子供読者が感情移入しやすいようなデザインにしたかっただけなんですが。

オチはしょうもないですね。すみません。


[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-26 13:55
<< まんが47都道府県:群馬県後半 蠟筆小新 漫畫版英語入門書 >>