「マンガがすべてだった」

という、寺田ヒロオ先生のドキュメンタリーを
スカパーのヒストリーチャンネルで見ました。
で、そのことについて書いた、某SNS内日記の復刻公開版です。
書いたのは、2007年11月29日01:04
--------------------------------------------------------------------
「マンガがすべてだった」

どういう番組だったか・・・って、いうと。

寺田ヒロオは
トキワ荘の仲間の兄貴格だった。
いっぽうで、
「漫画で、こどもを良い方向に導きたい」という信念が非常に強い
作家だった。

そういう信念が、時流に合っていたとき(月刊誌時代、週刊誌の初期)は、
人気漫画家として、大活躍した。

だが、週刊誌の競争が激しくなり、テレビも世の中に普及すると、
漫画雑誌は、「もっと強い刺激を!」と
どんどんエスカレートしていく。

いっぽうで、昔の後輩たちが、大ヒットを飛ばすようになる。
「強い刺激を子供に与える漫画」で。

それに腹をたてたのか、寺田先生は筆を折り、
「ゆるやかな自殺」ともいえる、長い老後を生きていく。

と、いうような、寺田先生の半生を
漫画評論家の梶井純さんが、いろんな人に会って、
ときあかしていく・・・みたいな番組。
だいたい、言われてるとおり、想像したとおりの話。

90年に、鈴木伸一さんが撮った
寺田先生の家に、昔の仲間が押しかけて、パーティする・・・
ビデオも放送されてました。

もと少年サンデーの副編だった・・・名前忘れた・・・
おじいさんが出て来て、すごく貴重な証言。
「いつも寺田先生に説教されてました」
「寺田先生の言ってたことは、正しいと思う」

また、寺田先生、
トキワ荘の面々には「立派な兄貴」として接していたため、
自分の弱い面をさらけだすとことはできなかった・・・という。

それが出来たのは、
全然、寺田先生とタイプの違う、
「めくらのお市」の棚下照生先生だそうだ。
親友で、飲み仲間。いろいろぼやいて、弱さをさらけだしていたらしい。
この話は、はじめて聞いたような気がします。
知らなかった。すげえ意外。

棚下先生が、酒を飲みつつ、あぐらをかいて、ボツボツと思い出を語る。
「寺田は、自分の漫画の主人公みたいに
立派にふるまっていた。だから疲れるんだよ・・・」
「いっぺん、再起をかけて、スリラーを依頼されて、書いてた。
あの絵じゃ、もうムリなのに・・・。悩んで書いて、
結局、筆を折った」
・・・う〜ん。なんか凄いぞ。

藤子A先生。
「あれはね、緩慢な自殺なのかな。うん。でも、
そういう人生があってもいいと思うよ!」

ヒドイこと言ってるように聞こえるが、
さんざん、いろいろ気にかけて、いろいろあって、
もう他のメンバーも、ほとんど死んじゃってるという状況で・・
ソコで出てくる、達感して、投げ捨てるような言い方。

凄みがあるなあ。
誤解を恐れない。綺麗ごとなんか、言ってもしょうがない・・・
という感じ。なかなか凄い。A先生、大好きです!

1時間番組ですからね。けっこう丁寧でした。


思うのは、寺田先生。
漫画は、どこまでもエスカレートしていくだけだったんですから、
ソコから降りて、
もういっぺん、「絵本」のほうから
「漫画的なもの」にアプローチするというテは
考えなかったのでしょうか。やなせたかし先生みたいに。
馬場のぼる先生とかも、やってたし。

あるいは「学習漫画」とか。
寺田ヒロオの「金太郎が教える野球教室」とか、
面白そうだし、役にたちそうだし。
子供も喜ぶし、「子供を正しく導く」姿勢そのもののような。
スポーツ全般、学習漫画任せられそうだ。
動く体を、簡潔に書くのがうまい先生なわけなんだから。

学習漫画やっていれば、
内山安二先生なみには売れたでしょう。俺は読みたいぞ。
絵柄なんか、古くさいくらいで、ちょうどいい世界だしな。

教育的・・・というか
児童文学的なモノは、70年代すぎると、
漫画周辺では、そういうトコロにしか残ってなかったような。

そういうマトモなアドバイスをする仲間が
いなかったのかなあ。友達関係せまくて。
版元とのチャンネルも自分のほうから閉じたみたいだし。
頑固すぎる。
そんなの、昔の仲間に「誰か紹介して」で、すんだだろうし。
悪魔に魂を売るとでも、思ったのかしら。

長いものには巻かれろ・・・・せめて、巻かれたふりをしろ。
そこまでいかなくても、巻かれるくらいの間合いには立ったら?
人間、かわいげが必要よ・・・・という、コトワザもあるんだけどな。

とにかく、ガンコで真面目すぎる漫画家はイカンな。
ほっとくと、どんどん内向して、
世間から、何光年も離れてしまう。

そんなふうなことを考えてしまいました。

僕、立派な人間じゃないから。

そういえば、
寺田先生の漫画って、いまや、ほとんど読めないような。
いかんな!
マンガショップ復刻版で出さないのかな?

Rさん------------------------------------------------------2007年11月29日 01:15

>もとサンデーの副編だった
確か、高柳さんだったような。

なんというか、真面目すぎるがゆえに
結果として自分の首を絞めてしまった、という感じですよね。
少し下の連中に「兄」として慕われ、彼らを育てあげた結果、
自分の居場所を奪われてしまった。
本当に一言では言い表せない、複雑な心境だったのでは
無いかなあ、と思います。

うおりゃー---------------------------------------------2007年11月29日 01:54

>Rさん

うん。そういうのは、深い部分の感情としてはあるだろうね。
ただ、「人と比べてうんたら」というのは、
言ってると、頭がおかしくなるのが漫画の世界なので、
あんまり考えないのが普通なんじゃないかな。
「育て上げて」とも、思わないだろうし。
そういう恩着せがましいタイプじゃないんじゃないかな。
スポーツマンだもの。

寺田先生にとっては、「自分の居場所を奪われた」とかいう
コトよりも、
「信じてた漫画が変質していった」コトが許せなかったことが
大きいんじゃないの?

尊敬してた、手塚先生まで、
「人気、人気!」で、「前に言ってたこと」と
平気で矛盾したんだろうし。
アニメなんかこさえて、借金作ったから、とにかく稼がなくちゃ
いけなくて、「受けなきゃしようがないだろ!」って
なったんだろうけどさ。手塚先生は。矛盾の固まりというか。

トキワ荘の、寺田先生の後輩たちは、
田舎から出て来て、ビンボーな時期があり、
「食えねー!」つうハングリーなとこが
根本にあるから、ビッグになるためなら、
基本的に「なんでもあり」なんだよね。
今の時代なら、ハヤリのキャラでエロ同人誌作って、コミケで売って、
生活費かせぐようなタイプでしょう。
(ヒドい言い方だな。でも悪気はないんですヨ!)

でも、寺田先生は、もともとちゃんとした勤め人で、
お金がある程度あって、
漫画家という職業を、「信念で選択した」、まともな人物。
「食えねー!」つうのが、ないの。
こういうヒトは「なんでもありが許せない」。
ましてやスポーツマン。ルール無用の悪党は許せない。

その違いが大きいような。

漫画家で、大成すんのは、ハングリーで、
あんまり頭が良過ぎなくて、版元に従順で、
恥も外聞もなく「なんでもあり」が平気なタイプだよね。
ファンとして会ってみると、
思ってたのと違って、そのギャツプに驚くというような、そんな漫画家。

ただ、こういうのは「信念」がないから、
わりとあっさり「撤退」もするのヨ。
あんまり考えてないから、まわりに影響されて フラフラするし。

いっぽう
「信念」もったガンコなタイプは、まわりに毒をまき散らしながら、
かなりシブトク生き残る。かなり、イヤなタイプ。会ってみると紳士。
こういうのが多いね。

寺田先生は、後者のタイプのハズなんだけど、
わりと、苦労しないで、
最初の馬鹿当たりをつかんだから、
プライドも高くなっちゃった。
だから、学習漫画とか、やらなかったのかな。

とにかく、寺田先生みたいに、
編集者にマジメに説教するようでは、仕事なくなりますよ。
売れてれば、向こうはなんでも言う事聞くけど。
売れないのに説教したら、仕事なくなる。
すげえ、やな世界ですから。漫画界は、芸能界に近くて。

そんだけの話なような気もしますね。


Pさん-------------------------------------------------2007年11月29日 02:54

 寺田先生。S40年代の少年サンデーに、
漫画家が主人公の自伝的な漫画を描いてらしような…
何てタイトルだったか。 しかし、今買える本が全然無いですね。

 あんまり関係ないですけど、トキワ荘の話で登場する永田竹丸先生。
市でやってたマンガ教室(カルチャークラブですね)の講師に来て。
 うちの兄が、先生の描く学習漫画の手伝いに呼ばれ、
そのバイト代でビデオデッキを買いました。 
20年以上前の話。 

うおりゃー------------------------------------------2007年11月29日 22:37

>Pさん

エ? 君の兄さんの話・・・・・。

へええ! 永田竹丸先生って、F先生の絵を
もっとカタイ感じにしたような、カキッと言う感じのキャラ書く先生だよね。
漫画は、なんかの学習漫画しか読んだ事ないけど。
あの先生のアシスタント?

お兄さんが、実は漫画書く人だったというのは、初めて聞きました。
兄弟そろって、そういう系統なんだね。へえええ。


K-1さん----------------------------------------------2007年11月29日 03:01

以前の放送で見た記憶でコメ書きますと
棚下先生が和服姿で粋人と言う感じでしたね〜。
トキワ荘とはまた別の漫画の世界ですね。

寺田先生の場合、基本的に戦後以前に倫理観か出来上がっていて
かといって手塚先生の様なモダンボーイでもなく
しかも週刊誌時代に入ってから昭和40年代に入ったあたりの
漫画の変わり方はとんでもないペースだったので
(あの時代は音楽も映画も、紀元前と紀元後みたいな急激な変化をしてますよね)
あまりにギャップが激しくなってしまったのだろうか…と言う感じもします。
自分の世代でも、40年代前半に学年誌に載っていた「金太郎」系の何かを
読んだ記憶がうっすら有りますね。

パーティが終わってトキワ荘メンバーに手を振って分かれて
次の日に奥さんから「寺田はみなさんとはもう二度と会わないと…」
と電話がかかって来るくだりは、なんとも…。

やなせたかし氏の場合は広告、作詞など元々マルチな土俵の有る人で
「漫画」がすべてではなかったから…と言うのも有りますかね。

「Drスランプ」がブレイクした時に漫画をやめる決意をしたみたいな
話を読んだ気もしますが、どうだったかな。記憶違いかな。
アンパンマンのアニメの予想を遙かに超えるヒットが無かったから
今の様な復活があったかどうか…ですしね〜。

うおりゃー-----------------------------------------------2007年11月29日 22:37

>K−1さん

>パーティが終わってトキワ荘メンバーに手を振って分かれて
>次の日に奥さんから「寺田はみなさんとはもう二度と会わないと…」
>と電話がかかって来るくだり

あれは、なんなんでしょうね。
言われたほうは、頭にくるよなあ。
「怒らせよう」と思って、そんなこと言わせたのかな。
そのタイミングで、そう言えば
「絶交確定だ! 二度と接触してこないだろ」ということで。

とにかく、言われたほうは、たまんないよね。
励ましに行って、あくる日にそれじゃあなあ。
「頭、へんなのかな?」って、普通は思ってしまう。


>アンパンマンの、アニメの予想を遙かに超えるヒットが、無かったら
>今の様な復活があったかどうか

あ、アニメ人気で、アンパンマンって、子供に定着したってこと?
そこらへんは、よく知らないんだよ。僕。ごめん。

とにかく、「子供のための漫画」ってのは、
70とか80年代より後は、絵本のまわり(児童書とか)か、学習漫画しか
なくなっちゃったから、
寺田先生が「子供のためになる漫画」というのに、こだわるのなら、
そっちで チャレンジするのがよかったんじゃないの?
・・・・・って、だけの話なんですよ。




Aさん-------------------------------------------------------------2007年11月29日 04:21

>「漫画で、こどもを良い方向に導きたい」
生意気にも僕もそんなことを
ちょっと考えちゃったりしてます(#^.^#)エヘへ
と言っても今まで、そこまで深く考えて
描いた漫画はないですけど…。

うおりゃー-----------------------------------------------------2007年11月29日 22:37

>Aさん

うん。君は、そっち向けの資質があるよ。
児童漫画の正しい資質を持っている。
もっと、いろいろそういうモノを見て、勉強して、頑張れ。
そのうち、必ず、いいことがありますよ。

Iさん-------------------------------------------------------2007年11月29日 06:52

なんとも強烈な、やるせない話ですね。

何も語らず、何も(新しくは)残さず、亡くなってしまいましたからねぇ〜
昭和40年代の終わり頃「トキワ荘」の存在がメジャーになり始めた時代の
「NHK特集」を見たことがあります。
取り壊し直前のトキワ荘に皆が集まり、
楽しそうに思い出話を咲かせていましたが、
やはり寺田先生の事になると、歯切れが悪かったのを覚えています。

「新漫画党」のメンツも、全員売れた訳ではなく、
シコシコ古臭い絵(失礼)で漫画を描いている方も居ましたっけ(名前は失念)、
寺田先生も続けいていたら…と考えさせられましたね。

うおりゃー-------------------------------------------------2007年11月29日 23:00

>Iさん

漫画には「ファッション」の要素が、かなりありますから、
読者に「古くさい」と思われると、かなりヤバイですね。

ただ、じゃあ、藤子先生や赤塚先生の絵が、
いつまでも「新しい」のかというと、そうでもないし、
藤子先生、赤塚先生の絵面じたいは、寺田先生とか永田先生と
そんなに変わらないと思いますよ。

古くさいと感じさせたのは、やっぱり
内容というか、価値観が教条的で、漫画を上から与えるという
スタンスから来てたんじゃないかと思います。
赤塚先生なんかは「漫画を自分で面白がってた」し、
A先生は「自分の趣味を披露する舞台」にしてた。
つのだ先生も、心霊漫画のほうは「研究成果の発表の場」みたいだったし。
F先生のは「落語とか ショートショート独演会」。
「与える」という部分もあったと思いますけど、
「自分たちが楽しんでる雰囲気」があって、そこが生き生きしてた。

「子供によい漫画を与える」という学校の先生のような
スタンスだと、すぐに「同じ事のくりかえし」で
「お仕事でやってます」みたいに、漫画の雰囲気が退廃してくるんですよね。
生気がなくなり、とにかく「面白くない」。
それが「古くさい」って、いう印象に繋がるんだと思う。

面白ければ、古くさくはないんですね。
だって、山根あかおに、あおおにだって、
70年代入ると、絵柄としては、もう、古くさかった。
でも、「カゲマン」「ドリフの西遊記」「かばどんとなおみちゃん」
とかは、読めば、「うわ。面白い」って思ったもの。
そうすると、子供って、あんまり「古くさい」とか
言わなくなるんです。そこが面白いと思いますね。

「古くさいから、つまんない」じゃなくて、
「つまんないから、古くさい」んですよ。たぶん。
なんの話してんのか、よくわかんなくなってきたけど。
べつに、Iさんに、言ってるわけではないです。ははは。

K-2さん---------------------------------------------------------2007年11月29日 07:23

私は、昭和31年生まれで、小学校に入るちょっと前くらいから、
少年サンデーを床屋とか本屋で立ち読み、時々購入していた。
寺田作品は「スポーツマン金太郎」の終わりころをちょっと読んで、
その後始まった「くらやみ五段」で、その名前を覚えたけれど、
ハッキリ言って、子供心にも「古臭い絵」であまり面白くないなぁ、
というのが率直な感想。
また寺田作品には可愛い女の子が出てこない、
これも読まない大きな理由だったかな(苦笑)。
同年代の友人で寺田ファンがいたことや、
彼の漫画が話題になったという記憶がない。

当時は「おそ松くん」「おばQ」そして、
無名だったつのだじろうのファンだった。
無論、寺田氏が赤塚や藤子不二雄の先輩として彼らの面倒をみたことは知らず、
「少し前に活躍した漫画家」という認識しかなかった。

その後、41、2年頃、サンデーを毎週定期購入するようになったが、
その中で、寺田氏は変わった作品を描いていた。
Pさんも触れているが、私小説的漫画というか、
主人公は「売れない、時代遅れの漫画家」で、
「もっと派手な漫画を描いてくれ」と要求する雑誌社とケンカをしたり、
訪問してきた漫画家志望の少年に、ズバズバ指摘や説教をして、
帰り際「なんだ!売れてもいないくせに」と捨て台詞を吐かれる。
これは寺田氏の日常がモデルなんだな、と感じた。
そこでも「俺は筆を曲げない!良質な少年漫画を描くんだ!」
という意気込みは感じられたし、漫画として斬新で興味あるテーマだった。
(青年誌では永島慎二の「漫画家残酷物語」の方が先だろうけど)
しかし、少年サンデーというか少年雑誌で寺田作品を見たのは、
これが最後だったと思う。

その後、44年を境に少年漫画は大きく変化した。
それまでのタブーが次々破られ、ハレンチ、銭ゲバ、
残酷トラウマ(日野日出志)、スカトロ(トイレット博士)、
なんでもありになって、
昭和30年代のほのぼのとした「三丁目の夕日」的風景を知っている私は、
「こういう漫画を読む、こらからの子供はどう育つんだ!?」って
子供心に心配した(苦笑)。

しかしなぁ。子供は常に新しいモノ、新しい刺激を求める。
今、寺田氏の「ロボット兄弟(昭和40年初期、学習誌)」
なんか読むとシミジミ心が暖かくなるけれど、
これを昭和45年以降、サンデー、マガジンに載せても受けなかったよ。
よっちんさんの言う通り、
学習漫画に活路を求めれば、また違う展開になったかもしれないね。

全く余談だけれど、3年ほど前に、
寺田氏のご長男と電話で話をしたことがある。
話し方とか、考え方が「まんが道」に出てくるテラさんそのものだった。
本当に、あのテラさんと話をしたようだった。

うおりゃー---------------------------------------------------2007年11月29日 11:17

>K−2さん

そうなんだよな。
僕も、虫コミで「スポーツマン金太郎」を
後の時代に、何冊か読んだだけで、
全然、漫画そのものは良く知らないんだよ。

こどものころ、何冊か読んだ印象では、
「古くさい絵だけど、ちゃんとしてて、意外におもしろい」
「野球やってる雰囲気が凄く出てる」
「子供が大人にまざって活躍するところがイイカンジ」
みたいな感じ。ほほえましいような漫画だった。
「金太郎」の絵は、そんなに古くさくないよ。
生き生きしてるから、古いと思う前に、意外といいなあって思う。

古くさい上に、生気がなくなると。
「うわ〜。おじいさん」ってなるけど、
昔の漫画家でも、全盛期のものは、生きてる感じがあるよね。
あんな印象だったな。

> 主人公は「売れない、時代遅れの漫画家」で、
>「もっと派手な漫画を描いてくれ」と要求する雑誌社とケンカをしたり、
>訪問してきた漫画家志望の少年に、ズバズバ指摘や説教をして、
>帰り際「なんだ!売れてもいないくせに」と捨て台詞を吐かれる。
>これは寺田氏の日常がモデルなんだな、と感じた。

あ。その漫画、読んだ事あるな。
なにで読んだんだっけか。

しかし、タチの悪い漫画家志望青年。
俺なんかも気をつけよう。ははは。



>しかしなぁ。子供は常に新しいモノ、新しい刺激を求める。

うん。しかし、これも、いろいろあってさ。

月刊誌、とくに学年誌なんてのは、
毎年、読者がリセットされる。
3月号で卒業して、4月号で、また新しい読者相手に
いろいろはじまるよね。

週刊誌のほうは、あんまり「卒業」ってない。
5〜6年とか、平気で読んでる。

僕らみたいな漫画世代は、ずっと漫画につき合って来た。
いつまでも少年漫画読んでる。

こういう読者だと、同じもの、かわりばえしないものを
提供され続けると、飽きちゃうし、
もっと「斬新なものを見せてくれ」「過激にやってくれ」という
エスカレート志向は、当然に出てくるよね。

いっぽうで、学年誌とかの月刊誌、とくに低学年むけのものは
「斬新にやると、理解できない」ってことになる。
そして、「過激にやっても、めんくらうだけ」 。
セクシャルなネタなんか、小さい子にはわかんないし、
むしろ「なんかやな感じがする」とか、思うものだもんな。
人殺しとか暴力も、「やな感じだ」って、思うだけだもん。

そういうところでは
「常に新しいモノ、新しい刺激を求める」というよりも、
「子供なんか昔からそんなに変わらないから、
スタンダードなものでよろしい」って、なるんだよ。
ドラエもんみたいなもんだね。

実際、子供が喜ぶもの、不思議だなと思うもの、
子供が必ずやること・・・なんてのは、昔から、そんなに変わらない。

たとえば、シャボン玉。
自分の影が伸びたり縮んだり、どこまでもついてくること。
鏡のむこうに別の世界があるんじゃないか。
ペット。
新しくきた転校生。転校していくともだち。
扇風機回して、その前でしゃべると、宇宙人みたいな声になる。
まぐれのホームラン。
なんとなくさみしい夕焼け。
・・・まだまだいっぱいある。
こういう類いのモノをネタに、面白い話が書ければ、
それが、一番いいんじゃないの?
・・・・というのが、学年誌とか、月刊誌、
そして、寺田ヒロオが生き生きしてた時代の漫画なんでしょうね。

週刊誌の時代になると、
読者は成長し、いつまでも卒業しない。
だから、漫画はエスカレートが当然。漫画の内容も、
読者にあわせて成長する。
「子供のためになる」とか言ってたら、成長を阻害しかねない。
簡単に言うと、売れない。競争に負ける。
それじゃ困るから、地味なだけの漫画なんかいらない。

と、いうことで、
サンデーとかマガジンとか、普通の少年誌には、
さっき並べたような「いつの時代も子供が好むもの」は
いつごろからか、なくなっちゃった。

でも、それが「当然な事」でいいんだろうか。
子供の時にしか面白いと思えない「影法師」を
子供漫画にしないなんて、もったいないんじゃないか。
どこかで、そう言う漫画が、子供に読まれてたほうが
やっぱりイイんじゃないか?
とか、僕は思いますね。

つまり「子供は常に新しいモノ、新しい刺激を求める」と
言われると、
「本当にそうかなあ。そうでもない部分もあるよ」
「それは、あなたが子供の時、そうだった・・・つうことでしょう」
「子供のすべてが、情報化されてるというわけでもありますまい」
「だいたい、自分の中に『変わらないでいる子供の自分』とか
いまだにあるんじゃないですか?」とか
言いたくなってしまうんですよ。僕は。

あと、ついでに。

寺田ヒロオ先生の「面倒見のよさ」と、
「後輩の漫画家志望の若者」に接して、捨て台詞吐かれた
だけでもない・・・という
そんなような話に関した、とあるマンガサイトの関連記事を紹介します。
けっこうイイ話。

http://www.geocities.jp/le_diable_rouge_raruru/goaisatu.html


Tさん------------------------------------------------------2007年11月29日 11:46

自分はリアルタイムでは寺田作品は読んではいないですが、まんが道を
経て興味を持って背番号ゼロ、スポーツマン金太郎を復刻版で読みました。
どちらもとても優しさにあふれたマンガという感じで、自分は好き
でしたね。

あと印象に残っているのは映画の「トキワ荘の青春」でしょうか。
いろいろ脚色されて美化されている点もあるかと思うんですが
寺田先生ってこんな感じだったんだろうな〜、という点が自分の
持っているイメージと重なって感慨深かったです。

寺田先生と他のメンバーはトキワ荘の「明と暗」的に語られることが
多いように思いますが、自分的にはそこまで悲観的には思ったことは
ありません。
寺田先生が漫画界に残したものはかなり大きいと思いますし。

うおりゃー--------------------------------------------------2007年11月30日 00:30

>Tさん

そうでしょうね。Tさんなら、好きかもしれない。
そういえば、
復刻版はアース出版とかいうところから
白いカバーのハードカバーで出てましたね。
15年くらい前かな。前は古本屋で見たけど、最近はほとんど見ないな。

>寺田先生が漫画界に残したものはかなり大きい

野球漫画の父なんじゃないのかな。
ちばてつやにつながるモノを感じたような。

>トキワ荘の「明と暗」的に語られる

売れていないと、みんな「暗」なのか?
とか、言いたくなる部分はありますね。
そんな簡単に「明と暗」と言うのはどうかなあ・・・って、気もする。
いっぽうで「語る時は分かりやすくしないと伝わらないだろ」とも
思うし。難しいな。
[PR]
by uorya_0hashi | 2008-02-15 17:33 | 漫画関連
<< 県民のヒ・ミ・ツ発売中! ジャッキー・チェン >>