カテゴリ:未分類( 5 )

たたかえ!地球ぼーえー隊MAC:12 ミート皇帝参上!の巻

「第9話」から「11話」までは、「スキャンしてデジタル化」というのをやっていません。
家のどこかに「切り抜き」があるハズなのですが、よく探さないと出て来ない。
で、とりあえず「あるぶんだけ公開」します。第12話。

この回から、「3ページから5ページ」にページ数が増えました。
1年間連載して、スポンサーさんがさらに力入れてくれるようになったんですね。
(要するにスポンサーが出すお金が増えた)
ありがたいことです。
とはいえ、自分のギャラは2ページぶん増えただけです。当然ですけど。

普通の漫画みたいに、編集部が「人気があるからページ増やそう」と判断したわけではないです。
ただ、クソミソに駄目な「人気の状態」なら、「やめよう」となったハズで、
そうならないでページ増えたのだから、「それなりの手応え」はあったんじゃないのか。

すこし前に担当さんが変わり、「幼児むけテレビ雑誌」を編集されてた人になりました。
で、その人の意向で「ページ増えたんだから、いつも出てくるレギュラーの悪役を出す」
ことになりました。
b0019643_13373718.gif
b0019643_13372680.gif
b0019643_13371037.gif
b0019643_13365771.gif
b0019643_13364722.gif

この「ミート皇帝」というのは、「幼児向けテレビ雑誌」で連載してた
「タートルズ」の悪役「シュレッダー」がモトになってます。
僕が「タートルズ」の漫画の中で、シュレッダーをどんどんマヌケにしていったのですが、
その時の担当さんがコロコロに異動して来て「あれ、おかしかったから、またやろうよ」
と、なったわけですね。

ミート皇帝たちは「バガリアン星人」の「支配者階級」で、
しもじものバガリアンとは形も違います。
と、いうか、子供読者が感情移入しやすいようなデザインにしたかっただけなんですが。

オチはしょうもないですね。すみません。


[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-26 13:55

たたかえ!地球ぼーえー隊MAC:07 飛べ飛べ!まくどなると! の巻

「コロコロという舞台で」「3ページしかない漫画」だけれども
「やれることやって目立たないとイカンなあ」ということで、
前々回あたりで開眼した「変な顔路線」「見た目のギャグ重視路線」
今回もそれをさらに押し進めています。

お話は「空飛ぶ悪役」にどう対抗するかというのがテーマ。
マジンガーZが「空飛ぶ機械獣」にさんざん苦しめられ、
「ジェットスクランダー」という装着型の翼と合体して、
やっと空飛べるようになる。アレをやろう・・・と
思いついたものの、ソレ、そのまま3ページの漫画にしても
面白おかしくなりません。

どうしたら、いいか? その話に「見た目ギャグ」を絡ませたい・・・
ということで、無理矢理ヒネリ出したのがこのお話。

b0019643_13265990.gif
b0019643_13262111.gif
b0019643_13254835.gif
はっきり言って、かなりムリヤリなお話。
鼻の穴がばかでかくなったら、見た目が面白いから、子供にはウケるのではないか?
という思いつきだけで展開した、安易な漫画になってます。

「出来が良い」とは、自分でも全く思いません。
が、当時幼稚園児だったか、まだ小さい次男坊に読ませると
ケラケラ笑ってました。

やっぱり「変な顔」はウケるんだな・・・と確信。
でも、「変な顔」ばっかりというのも・・・なんというか。

ただ、このころ、担当の編集さんが変わって
その新しい担当さんが「幼児向けテレビ雑誌」を作っていた人だったため、
「幼児の感覚を掴んでいる」感じ。だから、担当さんにはウケてたような。
「変な顔、いいんじゃないですか。小さな子にはウケますよ!」
なんかそんなこと、言われたような気もします。




[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-21 13:49

ピカットくん:11 チョコレート・テロリスト出現!

えー。あと1回で終わりです。これは2月号用。バレンタインデーが題材。
バレンタインデーならば、チョコレートで大騒ぎ。
「そりゃ、モテない男代表のゴリ平兄さんがヤキモチやいて無茶苦茶になる。それしかない」
ということで、だいたい話の展開は決っちゃうんですが。

「チョコレートが意志を持って大暴れ」みたいなのは、
前にやった「ゴミがもとの持ち主に戻る」とかに
なんとなく絵面が似ちゃうのでダメ。

結構考えて・・・甘いものといえば「アリ」。
「アリロボット」を出そう! とひらめきました。

で、昔のワーナーアニメとかトムジェリ、赤塚漫画でおなじみの
「ノミのサーカス」みたいなギャグをやればよい。
「ノミが文字みたいにならんで、文章になって意志を伝える」という
ネタとかが有名ですよね。アレをやれば、おかしいんじゃないかな?

と、いうことで完成したのがこのスジ。
ゴリ平兄さんのモテない怨念が炸裂し、いつにもまして過激に大暴れ!
テンションの高い出来になりました。

ただ。アリロボットの数がちょっと多かったらしく、
「読者が引いてしまう」「グロすぎる」との批判が編集部からあり、
掲載版ではアリの数が減っていました。
そうねえ。そのほうがいいかもね。
b0019643_12193526.jpg
b0019643_12191751.gif
b0019643_12190727.gif
b0019643_12185220.gif
b0019643_12183189.gif
b0019643_12180410.gif







[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-12 12:36

ピカットくん:03 自分らしいのが一番!

ボブ・サップの人気絶頂期に描いた漫画ですね。
サップの似顔絵。全然似てないけど。もうちょい、なんとかなんなかったのかしら。

子供ウケを狙って「変顔ネタ」をやろう・・・ということで、30分で考えたアイデア。
こんなのだったら、朝飯前です。
こんなような漫画ばかり読んで育ったから(赤塚不二夫とか)当然ですね。

なにかというと、都合良く「ギャングとか泥棒」が出てくるのも、昔の漫画。
ネタに困ったら「ギャング出せや!」というような決まりでもあったのか?・・・
というくらいに、昔の漫画には悪人が出て来ます。
というわけで、「よし! ギャングを出そう!」
ギャングと言えば、黒づくめにサングラス! ひょうたん島のダンディみたいな・・・。
もう、ホントに、何も考えてないな。ごめん。安易すぎて。

テキトーな漫画です。
テーマの「自分らしいのが一番!」というのは、ドタバタの展開決めてから、
後付けしたテキトーなもの。
こう書いておけば、展開がグロだったり、鉄砲とか出しても、オチに至って
なんとなく「教育的」な雰囲気になり、ウケがいいだろ・・・というあざとい判断。

実際、なんか評判よかったらしいです。世の中、真面目なひとが多いんですね。

b0019643_0465362.gif

b0019643_0463757.gif
b0019643_0462323.gif
b0019643_0455955.gif
b0019643_0454323.gif
b0019643_045245.gif

[PR]
by uorya_0hashi | 2014-10-05 01:06

「さかさまパパ」公開しました

2006年に、自費出版「漫画少年ドグマ」で発表した「さかさま言葉漫画」です。

「てぶくろの反対、な〜んだ?」「ろくぶて!」「あっ、六ぶて・・・と言ったあ〜!」
とかいう、小学生の遊びを延々繰り返したら、どんな漫画になるか?・・・ということで、
なんかそんなコンセプトの限界に挑戦した漫画。

b0019643_17164086.jpg

b0019643_17165579.jpg

b0019643_1717980.jpg

b0019643_17172871.jpg

b0019643_17173780.jpg

b0019643_17174533.jpg

b0019643_1718054.jpg

b0019643_1718944.jpg

b0019643_17182166.jpg

b0019643_1718338.jpg

b0019643_1718471.jpg

b0019643_17185553.jpg

b0019643_171959.jpg


もともとは・・・たしか2003年だと思いますが、
「コロコロ」の持ち込み用に描いた漫画なんです。

連載が終わって、何描いてもボツになっちゃうんで、
「自分にしか描けない漫画を描こう」と原点に立ち返り、

「そういえば、自分は子供向け雑誌の読者ページを何十年もやっていた。
だから、そういう『読者ページのセンス』を生かした漫画を描いたら、
誰にも描けない漫画になるんじゃないのか?」と思いつき、
「読者ページ系の言葉遊び」に関する知識と「料理の方法」・・・
なんかそっち系の頭脳をフル回転させて描きました。

で、持ち込んだのですが。
担当さん(新人さんにバトンタッチされてた)は笑ってくれるものの、
「上が 即座にボツ! でした」みたいな感じで、お話にならない。

しかし、さすがに自信作(笑えるという意味で)だったので、
作品がもったいないので、「ボンボン」やら「ブンブン」にも持って行ったのですが、
どこも相手にしてくれない。

今から考えると・・・女の子が父親に屁を吹きかけたり、
親子で殴り合ったり、かなり無茶苦茶な内容ですし、
こんな漫画を載せても、オモチャが売れるわけでもないし、
「キャラ人気が高まってアニメになる」ような「商業性」は「限りなくゼロ」ですから、
こんな漫画、載らなくて当然だったかも。

第一、絵柄もあんまり良く無い。今の自分から見ても、そう見えます。

ただ、こんな漫画を一生懸命考えて「描いてしまう」なんて・・・
「バカなんじゃないか。当時の俺」みたいな感慨はありますね。

とにかく、どこにも載らないので、ホッタラカシにしておいたのですが、
「漫画少年ドグマ」の代表である「香山哲さん」が、
「なんか漫画描いてくれ」とおっしゃるので、
「そういえば、どこにも載せてないのがあるよ」つうことで、
「ドグマ」の創刊号だか創刊準備号だかに載せたんです。
新作描くの、面倒くさかったし。
香山さんは喜んでくれてました。

この漫画・・・・
すっかり忘れてましたが、今さっき、ふと思い出し、
もう結構前の話なので、そろそろブログで公開しても面白いかも・・・
ということで公開します。
[PR]
by uorya_0hashi | 2014-02-10 23:23