<   2004年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

まんだらけ探検メモ

マンガ・アニメ
こないだ、中野まんだらけやら、その周辺のお店に行って、気付いたこと。
順不同。

☆アニメ主題歌&サントラCDの中古価格が馬鹿高くなっている。
90年代のアニメCDが、特に。90年代、学生だったような大人が
なつかしモードで探し回っているのか。ちょっと前まで、値段が
つかなかったような、マニアむけでない、どーでもいいアニメのCDが
レアらしく高い!

☆アニメ絵のはやりが、完全にチェンジしたらしく、ちょっと前の
はやりの絵が古くさいというかんじで冷遇、そういうたぐいの
グッズとか同人誌が安い。ゲームものなんて特に・・・。
「ほう、こういうのが流行ってんのか」と、オッサンは勉強。

☆三流エロ劇画の単行本、完全に枯渇。
昔からマニアのいる作家はともかく、本当にどうでもいいような作家の
単行本まで見当たらなくなった。まんだらけでも劇画は死んだ?
熱心なマニアがみんな買ってっちゃうんだろうけどね。
アニメ絵以降のエロ漫画は、日本最大級に充実。これはスゴイ。
やっぱり、ないものはないんだけど。

☆最近の60年代ファッションの流行のせいか、まんだらけでは
昔のアンアンとかノンノとかを強化買い取り中。
ショーケースに、そういう雑誌が、素晴らしい値段で並んでる。
いまだにそういうの持ってたら、いまが売りどき。もうかるぞ!

☆90年代のはじめにコロコロで流行った(のかなあ?)
エスパークスが、それ専門のコーナーをしめるくらいに人気。
ちょっと前の筋ケシの人気みたいな感じ。「ええ? あんなモンが・・?」

☆ちょっとビンテージ・・・とかいう漫画コーナーがあり、そこが
なかなかニクイ品揃え。かゆいとこに手が届くラインナップ。さすがだ。

☆漫画家の先生たちと大モメした、直筆漫画原稿。
さすが、社長。こりるどころか、挑戦的にソレ専門のお店つくっちゃった。
いけないひとね。
ショーケースには、どおくまん先生のしかなかったけど。あとは色紙。サイン本。
店の奥になんかありそうだったが、見る時間なかった。
土屋慎吾先生のイラストつきサイン本に、グラッとくるが、
正気を保って、買いませんでした。「お検査してッ!」

☆まんだらけガシャポン専門店。 G-テイストとかのエッチな、
大人むけガシャをマニアが改造。下着とか水着をとっぱらって
スッポンポンにしたのを「改造品です。現品のみ」とか言って売っている。
けっこうな値段。手のひらに乗るスケベ人形は、エロな妖精の趣き。
目の前で、お金持ちふうの、良い背広を着たヒゲ紳士が、いちばんエッチなの
買い求めていきました。売れてるぞお! 手先の器用なやつは
コレでしばらく食えるかも。ははは!
エロガレキより飾っていて目立たないのが良いのかな?

☆まんだらけの回りの、ショーケース依託販売の店は
値付けが「マニアがこのくらいで売れたらいいなあ」価格で、
まんだらけより高い。レアものもあるんだろうが、全般的に。
まあ、見るものだろうな、あれは。見てるのは楽しい。
100円ショップ、ダイソーの中国製レジン置き物で
セクシーピッグシリーズというのがあって、
妙に出来がよい、峰不二子みたいな雌ブタなんだけど、
それを、他のガレキにまぜて、5000円くらいの値札つけてる
猛者がいた。おおう、悪どい。

☆まんだらけアメトイ専門店は、オモチャは安いが、
アメコミの値段が、なんだかなー。
映画のせいか、スパイダーマンが特に。
若いファンは、勉強してから、手を出したほうがいいです。
わかってるマニアにはオススメ。へえ!というのがある。

☆中古オーディオ・ビジュアルのお店。
オーディオがけっこう悲しい扱いに。プラズマとハイブリレコが幅をきかせる。
パナの最後の高級SーVHSデッキがイイ値段。ダビ用に人気か。
ブルレイの中古15万、目の前で売れる。「お金持ちコール」したくなったよ。

☆中古DVDの店。
映画DVDの中古、ほぼ相手にしていない感じの品揃え。
映画DVDはもう売れないと見える。買う人はネットで買うのか。
元気なのはアニメDVDの中古。クラックして、売っぱらうのか。
興味がないので、よくわからん。

ああ。なんかもっと、「へえええ!」というネタがあったのだが、
日にちがたって、忘れてしまった。やだね。
歳はとりたくないなあ。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-30 23:53 | 古本関連

まんだらけ中野ブロードウェイ乗っ取り計画

マンガ・アニメ
1年ぶりくらいかで、中野ブロードウェイのまんだらけに行った。
中野在住の友達に聞いていてはいたものの、
まんだらけの増殖ぶりにのけぞる。

前からあるレギュラーのお店に、
エロ漫画とかマニア系の漫画、ムック本のマニア店(名前は適当です)、
男の同人誌専門、女の同人誌専門、
大きめのアニメオモチャ&プラモ&ガレキの店、
アニメCD専門、
まんだらけミクロとかいうアニメキャラのキーホルダーとかエスパークスの店、
まんだらけガチャポン専門店、
まんだらけ大車輪とかいう車と電車の模型・専門書の店、
まんだらけアメトイショップ、
漫画原稿と直筆色紙の専門店・・・・・
あと、まだなんかあったぞ。思い出せんわい!

↓まんだらけアメリカントイ専門店。
オモチャは安いが、アメコミの値段が「おいおい、本気かよ?」という価格でした。
b0019643_2235816.jpg


ウソオ! というくらいに、まんだらけだらけ。なんじゃい、ここは。
その上、まんだらけだけでなく、その周辺にも似たような店がたくさん。
アニメ関係のおもちゃやら食玩やらの専門店、
G.I.ジョーの専門店、アニメCDだらけの中古CD屋、
やたらにたくさんある、ショーケースにマニアが自分で飾って依託販売する
なんとかショップ。なんていったっけ? こういうお店。
とにかく・・・・ものすごいなあ! 
マニア系のタコシェとかTRIOも覗きたかったのに、時間がないや・・・
って感じだった。
秋葉原はオタク系だけだが、ココはオタクとカルト系、マニア系、
サブカル系がまざってるところが、豪華というか、あきれます。

店員に「凄いね。1年前と全然ちがう。」とか言ったら、
「社長は、ここを乗っ取るつもりだ・・・なんて冗談言ってるんですよ。
本気だろうけど」なんて言ってる。

すげえなあ。
俺、20年くらい前、(20年はたってないだろうけど)
古川社長が独りでやってて、店番やりながら漫画描いてたの
憶えてるよ。あのころ中野に住んでて、よく行った。
小さい店で、まわりが呉服屋とかそんなのばかりで、
すごく場違いな感じだった。
何回か、漫画売りにいって、持ってったのがマニア系の本だったので
その手の漫画の話で盛り上がったりしたこともある。

店が大きくなって
一時期、コスプレ店員の異様な店・・・って感じになり、
中も暗いし、変なカルトめいた匂いも感じたのだが、
(子供は入ってはいけないような)
さらに店が拡大し、店員も普通で、まともな店になったような気がした。

いやあ、凄いです。
店を眺めてるだけで、漫画の勉強になるな。へへへ。
つづきはまた今度。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-26 22:37 | 漫画関連

漫画家は漫画家の悪口をいうな!

マンガ・アニメ
みたいなことを言う漫画家がいますな。
「同業者の悪口を言うのはタブーだ」という人もいます。

でも、そういうことを言う漫画家の話を聞いてると
だんだんわかってきます。本音が。
「自分も悪口言われたくないから」・・・これが本音。

で、オイラはわりと人前で
「あの漫画はつまんないよねえ」とか言っちゃうほうなんで、
そういう人から、冷たい視線をあびたりします。

もちろん、インターネットとか雑誌に載るような文章で
「つまらない」とは書きませんよ。
面白いものは「面白い」と書き、大絶賛します。
イマイチなものは「イマイチ」とか
「こういうところは特に良かった。でも、ココはなんかやりようが
あったんじゃないのか?」「書き手の熱意があってよい。
次回作に期待!」とか書きます。
何も言いたくない時は、何も書きません。
けなすことは、やりたくない。文章で「悪口」は書かない。

話し言葉では、ここまで気を使いませんが、
普通に配慮はしているつもりです。

でも、漫画家が漫画批評をするのを「何様だ、おめー」というヒトたちが
けっこういるんですよ。
NHKの「マンガ夜話」を見て、いちいち腹をたてているような人が。

どうもよくわからない。
浴びるほど漫画を読んできて、自分で多少なりとも実践して、
漫画界の裏のこともある程度知っていて、
大人としての配慮もしてるのに、
なんで漫画について語るのがイケナイのか?

漫画家のパーソナリティを批判しているわけでもない。
特定の漫画作品について語っているだけなのに。
作品を批判されたりすると、人格すべてを否定されたように
思うらしいのです。
冷静になってもらいたい。

ある売れっ子漫画家が、エッセイ漫画で・・・

漫画家殺すにゃ、刃物はいらぬ。あんたの漫画、つまらないと
言えばよい・・・と言いまして、漫画家に「つまらん」と
言うのはタブーです!

とか書いてました。
それ読んで、ボクは
「コイツ、頭大丈夫か?」と思いました。
作り手が、自ら、批評を封じてどうする!

いや、「つまんないなんて言わないで。悲しいから」という気持ちは
わかりますよ。でも、そういう気持ちは押さえないと。
成功者として、社会的な立場もある御大が、そんなこと言っちゃだめです。

相手がとんちんかんな批判してきても、
聞くだけは聞いて、反論したければ、反論すればいい。
現場での、言うに言えない様々な判断とか
語れる範囲で、説明してあげてもいいじゃん。

そういうやりとりが、新しい何かを生み出すかもしれない。
だいたいが、批判そのものに「愛」がある場合も多いんだから。

・・・・・そんなことを思います。
もっと、漫画家同志が、科学的に漫画を語れるようになれば
状況も少しは変わるのに・・・
真面目な気持ちで、そう思います。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-23 00:32 | 漫画関連

レオナルド・ダ・ビンチはホビーの神さま

アート
と、書いてあるのが、「アートプラ」創刊号。
1983年発行。
こないだ、古本屋で3号まで、めっけました。
b0019643_117696.jpg


海洋堂といえば、チョコエッグの日本の動物シリーズで
一般の方達にも認知され、異様に出来がよいフィギュアで、
そこらのママさんでも、名前は知っていたりするという、
大メジャーなフィギュアの原型製作集団なわけですが、
その昔は、大阪の小さな模型屋だったそうです。

で、そこの親父が、こんな同人誌出したり、
マニア相手に、プラモデルだとかバキュームフォームキットだとかの
コンテストとかやっていたら、ソコに優秀なマニアが集まって来て、
いつの間にやら・・・世界の海洋堂に。
・・・とかいう成功伝説が有名ですが、
その話に出てくるのが、この本。というか同人誌。

肌合いは、昔の「ラジオ技術」か「子供の科学」か
という感じですが、うむ。これは。
グラビアに載っている、マニアのオリジナル作は
時代を感じさせる粗末な出来だけど、
(造型音痴のオイラにもそう見えるくらいの出来)
載っている文章が・・・
くそまじめ。志がものすごく高い。

巻頭は「プラはアートになりえるか」
「レオナルド・ダ・ビンチはホビーの神さま」
「いつになったらプラモが大人の道楽になるんやろ」
「プラキットに企画者なり制作者の名前をいれろ」
「こどもを銭湯につれていこう--現代っこに好奇心と創造力を・
そのためにあそびを」

ははは。真面目だなあ。熱いです! 
読んでて、わくわくする。本気だもん。
83年って、もうかなりシラケて、「シティーボーイがうんたらかんたら」
という時代だったんですが、
大阪の模型屋さんは、全然違ったのですね。
いいなあ! 当時、リアルタイムで読みたかったよ。俺。
文章は、読むと、いちいち納得するような正論ばかりで
海洋堂というのは、ほんと、ガチンコだったのだなあ。
おもしろいです。この本。魂がこもっている!

原点が、こんなに真面目で熱いから、
海洋堂は、あんなにスゴクなったんですなー。
自分のことを振り返ると・・・
ああ、イカン。恥ずかしくなってくる。
がんばろう。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-22 01:16 | 古本関連

アメコミの神様、ジャック・カービー!

マンガ・アニメ
スカパーのカートゥン・ネットワークで
たまたま、今日の「デクスター・ラボ」を見たら、
「僕はスーパーヒーロー」の巻・・・・・
ゴリゴリに
アメコミ・ゴッド、「ジャック・カービー」の
作品のパロディやってんの。

デクスター・ラボの作者、前から
カービーのファンらしいことは、画面でわかっていたが、
今日のは、まるっきり、シルバーエイジのアメコミじたて。

二度と書けない、その場かぎりのメチャクチャなメカとか、
ナスカの地上絵みたいな模様ばかりの未来都市。

人物は・・・グチャグチャだけど、やたら迫力ある変なポーズとか
節くれて四角い指、四角い筋肉、四角い顔、
横開きの口、金属の光沢みたいな影とか、こだわりまくり。
女性のプロポーションも、究極のボンキュッボーンだし。

バックの色まで安っぽい、黄色の多用。豪快です。

最後は、まるっきりハルク(ただし紫の)になっちゃうし。
もちろん、みんなワザと止め絵。
コレハスゴイ!

しかし、アメリカの視聴者って、いまだにカービーとか
憶えているのだろうか?
作り手のマニアックな暴走だろうなあ。

ちくしょう、録画しとけばよかったよ!
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-14 21:51 | 漫画関連

クマが出た!

ニュース・評論
テレビでは、毎日、クマ出現のニュース。
おいらが今、住んでるところは、タヌキやイタチはいても、
クマは出ないが、テレビ見てたら「石川県・小松市」…だって。
あれ、なんかあそこ見たことあるぞ…な場所が映ってる。
なんだよ、あそこ遠い親戚のとこじゃん。
大丈夫かなあ? あんなとこにクマが出たとは。スゴイなあ。
b0019643_1813329.gif

で、こないだ描いた東スポのイラスト。
「死んだふりしたら、熊に食べられないってホント?」
というイラスト。
絵を見れば、わかるとおり、ウソだそうです。
熊に乗りかかられ、ギュウ!とか言ってばれて
グシャ! となるのがオチだそうな。
そんな感じで死んだ人、けっこういるんだって。
じゃあ、どうすればいいんだ? 熊に出会ってしまったら?
答えは・・・・・なんだっけか、忘れた。(いいかげん)
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-12 18:13 | 東スポ関連

ジャッキー・チェンのタキシード

を、WOWOWにてハイビジョン鑑賞。
すばらしい画質。文句ない精細な画面。

でも、映画の内容のほうは・・・。
子供むけだけど、つまんなくはない。こんなもんだろという感じ。
ただ、なんで、ジャッキーがこの映画に出なくちゃいけないのか、
さっぱりワカラン。
ジャッキーはもともとアクションが凄いのに
CG使いまくりだし、カット割ってアクション見せるし。

ジャッキーのスタントアクションは
もっと原始的に、真横から、ロングで、
カット割りなんてなるべくしないで、舞台の踊りを見せるように、
長回ししたほうが、ホンモノっぽくていいのに。
あんな撮りかたでは、他の役者さんのアクションと
変わらないように見える。
ジェニファー・ラブ・ヒューイットのアクションも
映画のマジックですごいように見えてしまうのだから、
ジャッキーのこれまでの苦労が馬鹿みたいに見えてしまう。
原始的な撮りかたをワザと選択しないから、
スタントアクションの危険な臨場感が感じられない。

まあ、もうジャッキーも
そんなことがバンバンできる歳じゃないのか。
でも、もう少し、なんとかなるよね。撮りかただけでも。

そもそも、ジャッキーが主演じゃないほうがよかった。
秘密のタキシードを着て強くなる・・・という夢が似合う、
もともとは情けない感じの役者がいいよね。
たとえば、スティーブ・ブシェミとかウディ・アレンがやると
おもしろかったのに。
あるいは、主人公、いっそのこと子供にするとか。
のび太くんみたいな子供。どうせ、この映画の大筋は
ドラえもんと同じだし。

「アイ・スパイ」もミス・キャストだったけど。
スパイもので、続けてそんなんばっか見ちゃったな。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-12 17:38 | 映画関連

手裏剣自動車

その他
こないだ、国道を運転していたら、
前の車に、なにやら手裏剣のようなマークが。
「あんなマークの自動車会社あったっけ?」
しばらく考えながら走ってた。
信号で、車が止まり、車間距離が縮まったら、
よく見えたのでわかった。

三菱のマークに、お手製のステッカーを付け足して
六菱マークにしてるんだ!
それが六方手裏剣に見えるわけ。
b0019643_12332151.gif

三菱の車に乗っているのが恥ずかしいんだろうか?
でも、あれじゃ「なんだろう?」と
かえって注目をあびてしまうような。

そんなわけで、東スポ木曜版「謎と疑問20連発」に
こないだ描いたイラストがこれ。
b0019643_12353869.gif

「車の値引きって、けっこうイイカゲンに見えるけど、
なんであんなに安かったり、まけてくれなかったりするの?」
という疑問に答えた記事につけたイラスト。
答えは簡単。需要と供給。
フルモデルチェンジの時は、前の型は激安になる・・・とかそんなん。
手裏剣マークをかこうか・・・とも思ったけど
ひとコマで表現しにくいので、それはやめたけど。

三菱自動車、がんばってください!
ジャッキー・チェンはいつも三菱の車に、映画の中で乗ってますよ!
新作の中で、何に乗ってるかは知らないけど。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-09 12:43 | 東スポ関連

「杉浦茂 自伝と回想」を読みました

マンガ・アニメ
子供のころから大好きだった杉浦茂大先生の自伝本。
やっと見つけて読みました。
 
杉浦先生の漫画には、シュールでナンセンスで、くだらなくて、
暴力的で、どこまでもいきあたりばったりで、
まさに子供の漫画そのものの魅力があるんですが、
その秘密の一端がつかめるかと思って。

読んでみましたが、そゆことは全然つかめませんでした。
製作の苦労話なんてまるでなし。そういう事は書きたくないんだな。
杉浦先生の若かりし頃の交友関係とか
酒は飲むけど早寝早起きとか
なんかそんな話ばかり。読んでいて、のんきな気分になる。
そういう意味では、杉浦先生の漫画と同じか。

自伝を途中まで書いて、亡くなられたため、
杉浦先生の弟子である「斉藤あきら」先生が、自伝に続いて、
杉浦先生との思い出を書いている。
これが、なかなか興味ぶかい。
杉浦先生の人柄など、よくわかる。

で、斉藤あきら先生といえば、たしか単行本を持っていたはず・・・
と、書庫をあさったら、出て来ました。「エルドラド」
曙出版の文庫本。

おそろしくバタ臭い。アメコミの影響ギンギンの劇画。
下の写真の表紙だけでも、なんとなく伝わるでしょ?
魚眼レンズで見たように、遠近法を強調して、
手前に飛び出した手や足がグニャとゆがんだような絵が
印象的です。女性のプロポーションを極端にゴージャスに
描くのも、アメコミマニアならでは。
b0019643_0171254.gif


そう。ガキのころから好きなんです。僕。こういう絵。

この「自伝と回想」によると、斉藤先生は若いころ、
アメコミの古本を神保町であさり、杉浦先生に手渡し・・・
杉浦先生は、それを熱心に研究して、自作に生かしたんだそうだ。

ああ。そうか。すごく納得できる。
杉浦漫画のあのバタくささ。アメコミテイスト。
そうか、そうか! 古い人なのに、アメコミとはすごいな・・・
って思ってたんだけど、納得した。
下の世代から、教えてもらったのか。
杉浦先生って、ジャック・カービーあたりのテイストあるよな。
なんて、アメコミマニアの間でよく話が出るけど、実に納得できる。

で、斉藤先生。
この「自伝と回想」によると、斉藤先生は、杉浦先生の手伝いを
やめたあと、しばらくして、友達と「ジャガープロ」という
劇画プロダクションを旗揚げしたという。
そのころの劇画が、この「エルドラド」という短編集に
載っているわけだ。ひさびさに読むと、山上たつひこの
短編のような味わいの読ませる作品ばかりで、なかなかイイ。
絵が、おそろしく濃くて、豪快。好き嫌いが別れる絵。
もちろん、僕好み。だから持ってるんだけど。

このエルドラド、奥付のところにフジオプロとあるのだが、
「自伝と回想」によると、ジャガープロは後に
赤塚不二夫のフジオプロの「斉藤班」に変身した・・・とある。
ここで、また納得。

赤塚不二夫の漫画に「はくち小五郎」というのがあって、
この漫画、後半、明らかに他の赤塚漫画と違うタッチの
漫画になっていて、ものすごいデフォルメの
シッチャカメッチャカ・・・で、それが斉藤あきらタッチなの。
メチャクチャでいいかげんで暴力的なのが、杉浦茂直系というか。
とぼけている・・・って感じではないので、もっと強烈だけど。
やりすぎて笑えない感じ。笑う前にヒドイと思う・・・というか。
だって、トト子ちゃんというかアッコちゃん風のリボンの
可愛い子ちゃんまで、アメコミふうの巨乳キャラに
描いちゃうんだもん。小学生だったオイラはのけぞりましたねえ。
たぶん、これ、斉藤先生の代筆だったんだろうな。
赤塚漫画は、そういうの多かったらしいし。

たぶん、ジャガープロの人たち(他に青春改札口の
しのはら勉さんとか)がフジオプロに合流して、
その結果、出来たのが、「はくち小五郎」とか、
バカボンなどで、突然出てくる、大ゴマの
劇画タッチで滅茶苦茶なディフォルメの、
キャラクターのアップ・・・読んだことある人なら
わかると思うけど・・アレなんですな。
そうか。よくわかりました。

と、いうわけで、杉浦漫画と赤塚漫画をつないでいた
アメコミ仕掛人、斉藤あきら先生に
がぜん興味がわいてきました。
斉藤先生は、最近は4コマ漫画とか描かれておられる
みたいですが、また、どこかで
「グアッ!」と来て、「ボカスカバコッ!」
「ギョエエエエエ!」というのも、ぜひやってもらいたいです。

ああ。おそろしく長くなってしまった。
まあ、いいや。誰も読まないだろうから。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-08 00:15 | 漫画関連

ミス・エレキテル

マンガ・アニメ
こんな、お姉さまが電気の秘密について、
ぼんやりした少年にビシバシと、拷問まがいの人体実験を
まじえつつ、科学的にレクチャーする・・・と
いうお仕事をしました。
b0019643_1321639.gif

写真と合成するかんじの漫画です。
学研「5年の科学」の。
アブない感じにならないよう、気をくばったつもりですが、
「うおりゃーは、学習関係の真面目な雰囲気をぶちこわす悪人」みたいな
ことをいう人もいますので、スリルあるな。

担当の女性編集者は
「いいかんじです! 思ったとおり!」
みたいなこと言ってくれましたが。
じつに嬉しかった!
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-10-04 13:00 | お仕事関連