<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ジングル・オール・ザ・ウェイ

を、クリスマスに家族で鑑賞。
ずっと前に、LDを買っていたのだが、次男坊が、ずっと
サンタを信じていたので、うちでは封印されていたのだ。
で、どうも今年あたり、サンタについていろいろ気付いてしまった
様子なので、もういいや…と解禁。

お話のスジは、こんなかんじ。
最近、忙しくて、家族をほうりだしぎみのパパ(シュワ)が
そのつぐないのため、息子のほしがるターボマン人形…超人気でどこも売り切れ…
を、ゲットすべく、ちょっと頭のおかしい郵便局員シンバッドを
ライバルに、街中で大騒ぎの争奪戦を展開するが、失敗の連続。
大失態をやらかし、息子とママに見放される。壮絶などつぼ。
しかし、ひょんなことで、本物のターボマンの役者と間違われ、
空飛ぶギミックのついたターボマンの扮装を着込むはめに。
いっぽうシンバッドは悪役の扮装を強奪、シュワの息子を人質に…。
ついに、ターボマン=シュワと悪役シンバッドの、
漫画みたいなスーパーバトルがはじまる。

いい大人が親馬鹿まるだしで、オモチャをゲットすべく
醜い争いを延々と続けるこの映画、
体温の低い、日本の「ヤング」には、まるで受けず、馬鹿にされるだけ
でしたが、これは傑作です。うおりゃー的には。

わが子のプレゼントのため、ほしがる商品を求めて
町中を探し回った‥という、親ばかな体験を持つパパママなら
いやでも感情移入してしまう、その設定も、あざとくていいのですが、
それよりも。
イイ!  と思ったのは企画意図。

はじめは、まともな大人だったシュワが、
頭のおかしいシンバッドとの争奪戦にひきこまれ、
ルーニーチューンのパロディのような狂った世界まで暴走する…
この映画は、基本的に生身の人間を使って、
黄金時代のスラップスティックギャグアニメを再現しようとした
映画なのであります。

サイレント時代には、軽業師など、身体能力が優れた人間が
自らの肉体を「単なる道具」と規定して、残酷な笑いを
情け容赦なくふりまいていたのがスラップステック。
やがて、映画が音声を獲得し、
ドラマで見せることができるようになったので、すたれてしまった
のですが、50〜60年代に、アニメで、同じことを生身の人間では
できないくらいスケールアップして見せてくれたのが
バックス・バニーをはじめとするルーニー・チューン。
いわゆるワーナー・アニメ。5.6分の短編ですね。
これは、アニメの舞台がテレビに移ってしまい、テレビでは
動きより言葉で笑わせたほうがウケるので、すたれてしまいました。

でも、90年代あたりから、ルーニー・チューンなどの
再評価がはじまり、スピルバーグなんかが映画でオマージュを捧げ、
スラップスティック的なものが見直されてきました。
スラップスティックができる身体能力をもつ役者は、もう香港か
中国あたりにしかいないのですが、
「どんなにヒドイ目にあっても、死なないくらい身体が丈夫」…という
感じは、シュワちゃんにぴったり!
シュワちゃんでルーニー・チューンをやれば、絶対受ける!
そう考えて、出来た映画です。これは。

シュワちゃんの映画は、ほとんどすべてが漫画を実写でやってるような
もので、そう思って楽しまないと腹がたつだけ…というものが
多いのですが、もうこの映画は、そういう意味でドハマリ。
漫画路線の最高傑作!
(そういえば、シュワちゃんには、サボテン・ジャックという
ロードランナーのオマージュ映画もありましたね)

シュワパパ、頭の中が、小学生以下に退化します。そこが大笑い。
子供映画として、じつに素晴らしい構造。
で、その暴走ぶりに、観客があきれかえるころに、ハッと我にかえり、
「俺は何をやってるんだ。大人として恥ずかしい。もう俺は駄目だ」とか
反省するのですが、いろいろムカ〜ッとくることが起こると、
もとのもくあみ、暴走が始まります。物凄いバカ。反省はどこへいった?
まるでハルク。まさしくシュワちゃんのための映画!
こういう筋肉体育会系単純馬鹿を「愛する感性」がないと、
この映画は駄目です。お客を選ぶ映画。

若くて、神経質で、親をうとましく思ってるような人には
反吐が出そう…かもしれません。
アメリカ人には、こういう暴走野郎を愛する感覚の人が多いみたいですが
「世間に迷惑=ソク悪人」の日本では、ダメでしょうねえ。
サイコーなんだけどなあ。

クライマックスのターボマン・バトルは、CG全盛の今、見ると
ちょっとチャチイですが、笑わせるツボをおさえて、
定番ギャグをカッチリかませてくれるので、たいしたものです。
ターボマンかメテオマンか? というくらい好きだなあ。

高校1年と小六の息子は、シュワちゃんのムチャクチャぶりに
はじめ当惑しておりました。家族に見放されても「当然だよ!」
という感想。でも、そのあとの落ち込みぶりに同情し、
最後は応援する…という流れ。おもしろがっておりました。

シュワちゃんの奥さんも、安っぽく描いてなくて、
シュワちゃんの何十倍もしっかりした奥さんで、そこも感心した。
ファミリーものは、奥さんを「良く」描かないと、ダメなのですが、
出番は多くないのに、ちゃんと「しっかりしている」って、わかる。
なかなかいい。家族の夢だな。一種の。
b0019643_17324188.jpg

[PR]
by uorya_0hashi | 2004-12-29 17:32 | 映画関連

Mr.インクレディブル

を、大期待して、やっと見に行って来た。
予告編で、Mr.インクレディブルが中年太りで着れなくなった
スーパーコスチュームを、腹へこませて無理矢理着込む、
その有り様に大笑いして、ずっと見たかったのだ。

で、感想なんだけど、
期待しすぎたためか、イマイチでした。

子供向け映画なのに、主人公が中年パパ。
なんで、子供のヒーローものにしないんだろ?と思う。普通は。
パーマンみたいなやつ。
でも、ずっこけた大人を笑う映画というのなら、わかるよね。
デロリンマンみたいなやつ。
そういうのを、ちょっと期待して見に行った。予告がそんなんだったんで。

でも、この中年、ひらたく言えば、ナイスガイで、頭もいい。あれ?
だから、ちょっと、子供が、感情移入しにくいんじゃないかな。
俺も、子供感覚なので、そう感じました。

中年が主人公なら、「頭の中だけ小学生」という馬鹿ものにしないと
なかなかおもしろくならないような…。子供映画の場合だと。
大人映画では、立派な世間知を貯えた人物が主人公でも、別にかまわないけど、
その場合でも、なんか共感しやすい
マイナス点がないと…完全無欠に近くなってイカンです。

よくあるのは、離婚寸前とか 恐妻家とかナントカ恐怖症というやつ
なんですけど。
この主人公、中年太りで、合わない仕事に疲れてはいるものの、
根っから、弱者の味方の立派な人物で、家庭的にも、少々の問題は
あるものの、十二分に恵まれていて、尊敬もされているし、ちゃんとしている。
奥さんは邪推するけど、浮気なんて、まるで眼中にないし。すんげえイイヤツ。

良い子むけにつくってあるからかなあ? 
浮気なんてダメだ! とかディズニーチェックが入ったのかなあ?
でも、現代の普通の大衆は、ちゃんとした人物なんて見たくないので、
そこらへんがどうなのか? ズレてるような気もします。

スピルバーグとかだったら、もっと、主人公を駄目人間にしたと思う。
奥さんの巨大な尻にしかれて、トホホとかいいながら、
酒と過去の栄光に逃避してるとか。
そのほうが、大衆の共感を得やすいから、きっとそうするだろうな。

映画じたいが、60年代の、ヒッチコックとかが活躍した時代の
古き良きアメリカをCGで再現してみました。
というもの。だから、主人公も60年代ふうのナイスガイなのかな?

話の大筋は、スーパーヒーローをモチーフにしてはいるものの、
007とかのスパイ映画そのもの。

気狂い科学者の要塞島に潜入、破壊、悪の計画を阻止…ですから。
敵の悪女が、どたんばで寝返り、主人公に協力とか、
秘密兵器、スーパーマシンのみせかた、段取り重視とか、
語るときりがないくらい、スパイ映画そのもの。音楽もまんま。

だから、この映画、シュワちゃんのトゥルー・ライズにもよく似てる。
もちろん、スパイキッズにもよく似てる。クレヨンしんちゃんの劇場版にも似てる。
見終わった印象もよく似ていて、
「おもしろかったけど、語りたおしたいというくらい好きにはなれまへんでした」
なんかそんな感じ。
スパイと家族が合わさると、みんなこんな仕上がりになるのか?

物語りの大筋についても、
単純明解な「アメリカの正義」が、イラクで滅茶苦茶なことをおこしてる今、
子供むけだとはいえ、「黄金時代の正義のヒーロー、復活」は
タイミング悪過ぎ。アメリカ本国なら、いいんだろうけどね。
あげくのはてに、悪役が最後に企むのは「自作自演」。
馬鹿野郎! そりゃ、アメリカのやってることだろ? とか言いたくなる。
別に、この映画、政治的なものでもなんでもないのだが、
スーパーヒーローものはアメリカの気分そのものを代弁してしまうところが
あるので、どうしてもそう思っちゃう。俺だけかな?

実際のところ、いろんなヒーローが次々とCG技術で映画に復活している中、
「小出しにするのはやめて、おいしいとこ、みんな先に見せちゃおう」が
企画意図なんだろうな。監督の、すごく素朴な思い。
その意図は、ものすごく良く達成されていた。
この後、出てくるヒーロー映画は、
この映画がハードルになってしまって、作るの大変だと思う。
ヒーロー好きが夢に見たような画面が連発。それは本当に素晴らしい。

でも、特殊能力をもつヒーローがたくさんいて、その能力が
淀みなく発揮されるため、その異常性に慣れてしまって、
すぐに全然、観客側が驚かなくなるのがおしい。
凄さのインフレ。少年ジャンプの漫画みたい。(例えが古いね)

スーパー家族が正体を隠している…というスジのせいもあり、
一般人が、日常空間で発揮される、スーパー能力をみてビックリ! みたいな
「ビックリするシーン」がない。
そういうシーンが、一番、子供むけとしてオイシイとこなのに。
(一部、工夫して作ってあるけど…そこは良かったです)

アイアン・ジャイアントの監督の新作だから!!!!!
と、ムチャクチャに期待したんだけど、やはりディズニー映画。
了見の狭さは天下一品。
どうせ、右寄りの変な圧力で、スジがグニャグニャにひんまげられたんだろう。
なんか、そんなことが想像できる、
ちょっとだけ、「どういうつもりでこれ作ったのかなあ」と思っちゃう映画でした。

期待したぶん、いつもより辛い評価だけど。
おもしろかったですよ。充分良かった。でも…とかいう感じ。
[PR]
by uorya_0hashi | 2004-12-19 16:13 | 映画関連

達人が行く!

ブクオフの105円コーナーで、買って来た漫画、
「達人が行く!」
作者は「五島傅明」という人。

出版社は体育とスポーツ出版社というところで、
そこの「剣道時代」という雑誌に載っていた漫画を
まとめたものらしい。平成12年8月発売。
190ページの単行本で、漫画は100ページたらず。
のこりは「全国道場ガイド」とかいって、
全国の剣道道場の連絡先一覧が延々と載っている。
じつに妙な本だ。

で、なんでこの漫画を買ったのかというと、
なんかものすごく「いい絵のまんが」なのだな。これが。

たぶん、手塚治虫先生のアシだったんじゃないかな
というくらい、手塚漫画の文法とテイストがあって、
線じたいは、藤子F先生みたいな硬質なとこもあり、
古きよき児童漫画のいいとこがたくさんつまっている絵。
漫画もスムースなコマはこびで、ものすごく上手。
キャラクターにも品があって、
学習漫画描かせたら、ドハマリな感じがある。

でも、この五島先生、全然聞いたことがない。
こんだけうまい人なのに、なんでだ?
自分でいうのもなんだが、漫画にどっぷりつかって生きて来た
僕がまるで知らないんだから、本当にマイナーというか、
とにかく相当な「売れてなさ」だ。(五島先生、すみません)
でも、すごくいいんだよ。この人の絵。漫画センス。

プロフィールが少しだけ書いてあるので、紹介すると…
1959.8.10生まれ。愛媛県松山市出身。血液型O型。
29歳のとき「商訳聖書」でデビュー。
過去の作品に、「まんがのクリニック」「AVマン」「199x年」
「ダスターマン」「ぞなもし」等。
趣味は洗濯と入浴。
…とある。

ううーむ。検索したけど、さっぱりわからん。
ただ、漫画のタイトルを見ると、学習系か児童漫画の書き下ろし単行本みたいに
見えるので、そういう人なのかな。

とにかく、今となっては、メジャー漫画雑誌では
「古くさい」でかたづけられそうな絵だけど、
「児童漫画好き」には答えられない、本格的な
イイ!絵を描く先生だ。
正体が知りた〜い!

漫画のお話のほうは、
中年のおじさんが、突然剣道をはじめるが、全然だめ。
そこへ、とっくに死んだ剣道の達人のおじいちゃんの霊があらわれ…
という、なんで主人公が子供じゃなくて、中年のおじさんなの?
といったもので、月イチの短編連載のためか、
毎回まとまってはいるものの、全体としては
とりとめもないといった感じ。
単行本にまとまるとは、思ってなかったんだろう。

とにかく、だれか
五島先生について、御存じでしたら、教えてください!
b0019643_12245371.jpg

[PR]
by uorya_0hashi | 2004-12-18 17:00 | 漫画関連