<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

漫画の墓場

車で15分くらいのところに
巨大なショッピングセンターが先日開店。
スーパーのベイシアとホームセンターのカインズホーム、
レンタルDVD&本屋のツタヤ。
とにかく、巨大な規模のもの。
埼玉には、でかいスーパーがゴロゴロあるけど、
最強最大の規模。でかすぎて、回るのが嫌になるくらい。

で、そこのツタヤ書店。
ツタヤといえば、どこもみんなでかいのだが、ここも巨大。
巨大なだけで、品揃えが売れ線だけで
つまらなく、どうでもいいのがツタヤ書店だけど、
漫画単行本売り場が凄い。

広い! たくさんある! なんじゃこら。
東京の漫画専門店なみ。

うわ! 「はぐれ雲」が全巻揃ってるよ!
あっ、西岸良平も全巻ある。
全巻揃って売られているのが珍しい単行本がバンバン。
こ、これって、売れるのだろうか。
もちろん、開店したばかりだから、どの本もピッカピカ!
お金が有り余ってたら、西岸先生のは揃えたいぞ!

萌え系というか、若い漫画家の・・・
俺が見ても、同じようにしか見えない新刊も
もちろん山ほど充実。
たくさんありすぎて、なにがなんだかわからん。
手に取る気もなくなります。

もちろん、すべての漫画がビッチリ、ビニール袋に
入っています。立ち読みなんかできない。
秋田書店の単行本の一部は「立ち読み用」に
中身が見えるのがあったけど。

まあ、とにかく立ち読みできないから、
綺麗なカバーを眺めているだけなんだな。これが。
目がチカチカする。ウンザリする。

立ち読みが出来ないから、
たくさん漫画があって、売り場も広いのに、
お客がいません。平日の夕方だったけど。
俺以外に、どうみてもオタクな女子高生2人組、
小学5.6年の男の子と、35.6のおばさんがひとり。
BGMは流れているけど、実に静か。図書館よりシンとしてる。
まるで漫画の墓場のようだ。遺体安置所。
よく言っても、倉庫。版元の倉庫が移動してきたようだ。

漫画が売れている気配は全然ない。
ははは。駄目だこりゃ。

たくさん、漫画がありすぎて、どこになにがあるのか
よくわからん。
大手の本なら、すぐわかるけど、マイナーな版元は・・・
どこにあるの?
カミさんの書いた、 ソニマガの「徹之進」と「マイメロ」は?

見つからないので、巨大な雑誌売り場を横切り、
カウンターへ。
「ソニマガのこういう漫画を探してるのですが」と、聞くと、
「それで調べてください」とか言って、
パソコンみたいな、銀行のATMみたいな「検索くん」を
指差す。

入力してみると、
売り場のこのへんにあります・・・とか言って
カーナビみたいに、売り場の棚の地図が出て、
ピコピコ点滅する。
へえ、こんなのがあるのか。すごいじゃん。

また、巨大な雑誌売り場を横切り、
漫画の墓場の棚に行くと、マイメロの単行本はありました。
4冊。
徹之進はない。
「おかしいな。ここにある・・・って、出たのに。
売れたのかな? それなら、喜ばしいことだ」
とか、思ったものの、ちょっと、聞いてみようということで、
また、巨大な雑誌売り場を横切り、
さっきの店員に聞くと、
「あれ? ありませんか。おかしいな、どんな本です」
「犬の漫画で、カバーが黄色。DVDがおまけについたやつ」
「あ。なんとなくおぼえがあります。
たしかにそれ、入荷したような。」とか言って、
今度はその店員と、巨大な雑誌売り場をまたまた横切り、
3回目の確認。
「うーん。おかしいなあ、ないですね。」
「売れたんですかねえ」
「うーん。どうかな?・・・変だなあ。・・・すみません。
実は、漫画売り場の専門の担当が、今日休んでいまして」
「わからないと、いうわけですか」
「すみません。明日、その人間に確認してみますので。
できましたら、明日にでも・・・」
「はあ。わかりました。(馬鹿野郎。死んでも来るか)」

まあ、別に「徹之進」を見つけても、
買う気はなかったんですけどね。
「ある」って確認したら、「子供呼んできます」とか言って
逃げるつもりだったんで、どっちもどっちだけどさあ。

この不便さ。このダメさ。
パッケージされて、中身も見れない漫画の海。
まさにどうしょうもない、漫画の墓場。

こんな売り場ばっかりだとは思いたくないけどさ。
こういう売り場で、こういう思いをいたしますと、
「漫画が売れない」っていうの、
なんか、当たり前なんじゃねえの?
そう、思いました。

マイナー版元の漫画を店頭で買うのは、
かように艱難辛苦。
営業なにやってんだ? なにもやってねえだろ!
イイ大人の俺ですら、買えない本が
小学生に買えるわけないだろ! なんとかしろよ。

大手ブランドのみに優しい本屋。
大手って凄いんだなあ・・・と痛感。
それでも、あんまり売れてるようには見えないのですが。

しかし、この巨大な漫画の墓場。なんなんだろう?
立ち読み野郎だらけのブクオフのほうが、よほど
漫画的に健康だ。生きている感じがする。

でも、結局、その日、漫画は3冊買いましたよ。
「デトロイト・メタル・シティ」
「子供学級3巻」「無限の住人19巻」
みんな、買いのがしてたやつです。
[PR]
by uorya_0hashi | 2006-07-29 01:02 | 漫画関連