<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アマゾンでなぜか

小学5〜6年生向きの本で、第一位に!
最も「人気がある」ってことなんですが。
http://207.171.191.131/gp/bestsellers/books/1025958

記念に画像としてキャプチャしました。
b0019643_22124681.jpg


・・・・なぜ突然人気が出たのか、さっぱりわからない。

2年前に出た本なんですが。

学研のひみつシリーズ。
「1年366日のひみつ」。

ここに紹介記事があります。上からちょっと下の方にスクロールしてください。
ちょっと古いもので、そんなに詳しく説明してないですが。
http://uorya0hashi.web.infoseek.co.jp/oshirase.html

アマゾンで検索かけると、もっといい、内容説明とかレビューがあります。


突然、人気が出た理由として考えられるのは、
去年の夏から週イチ連載してる「朝日小学生新聞」の
「都道府県ファイル」という、小学生のための「地理の学習漫画」が、
それなりに人気が出て来たみたいだから、
それにつられて、検索とかされて、売れたのかもしれない。
(まんが都道府県ファイルの紹介記事も書かなければいけないですね。そろそろ)

「1年366日のひみつ」は、
内容的には、自信ありますから、
「売れてもおかしくない」と思っているのですが、
いままで、あんまり売れてなかったんですよ。
ひみつシリーズのなかでも、マイナーなジャンルなのか、
あんまり本屋に置いてなかったし。

他の学習漫画書いてる漫画家さんなんか、
2冊目を書いてたりして・・・うちのカミサンもそうなんですが、
僕だけ全然声がかからなくて、
「なんか無視されてるようで、オモシロクない!」と思っていたところ。
実際、ものすご〜く、手間ひまがかかったんですよ。あの単行本。

はじめ、もっと「ユルイ企画」で、
「1ケ月の行事とかをセリフで説明してあればいい」みたいな話で
編プロのかたがシナリオを書いて、
それで、依頼が来たんですが、

「そんなのつまらないし、子供がそんなんじゃ、あんまり喜ばないだろうから、
1ページに4コマ漫画2本のせて・・・・
1本の4コマ漫画につき、1つの行事を紹介するやりかたにしましょう!」と、
僕の方から提案したんです。

編集のほうは「そんなのホントにできるのか? やたらに手間ひまかかるだろうに」
と、初めは否定的だったのですが、
そこを無理矢理「テスト版で1ケ月ぶん、作ってみました」とかやって、
強引に説得した。

説得したのはいいんですが、あとがタイヘンで・・・・。

依頼時のシナリオは・・・ほとんど使わなかった。
漫画の内容が違うんだから当然ですね。
もとのシナリオ書いた、編プロのかたに、悪いことしました。

「学習内容を説明する言い回し」はそのまま活用しましたが、
それ以外の・・・漫画の設定や、スジや、キャラ、アイデア、展開まで、
ほとんど作り直したんです。

それに4コマ漫画・・・・
4コマ、1本ごとに、オチを考えなくちゃいけないから、大変。

しかも、1年間の全体のまとまりで、漫画になってないとマズイという
「二重構造」を選択したので(これも僕が自主的に決めた)、
ネーム切るのが大変でした。

まあ、面白かったからいいんですけど。
難しいクイズを解くようなものなので・・・・。
「昔の漫画にあったような、『生活ギャグ』を復活させよう」という
もうひとつの目論みも達成できたと思ってますから。

絵を書くのも、4〜5コマでコマゴマしてますから、
それだけで、手間ひまがかかるし、
仕上げは、オールデジタルでやったので、
アナログの手がき原稿の1.5倍〜2倍くらい、絵を書くのも大変だったんです。

で、手間ひまかけるのは、僕の勝手ですから、
ギャラも全然かわらない。ハッキリ言って、値段を無視して頑張ったんです。
「ひみつシリーズ」は、子供の頃、愛読していましたから・・・・。

当然、スケジュールはオセオセになり、編集の実作業していた
編プロの方々にはご迷惑おかけしました。すみません。

でも、自分でも「これは、かなりの大傑作!」と思うような本になったんです。
「出して良かった」みたいな。

出来上がったら、編プロの人も学研の担当さんも「いい出来だ!」と
喜んでくれたんですが・・・・

あんまり売れなかったんですね。
全然、増刷がかからなかった。

わりと、はやいじきに、アマゾンで、かなり好意的なレビューが書かれていて、
それは本当に「嬉しいなあ。ちゃんと評価してくれてる」と言う感じだった
のですが、売り上げとしては
「売れてないわけではないが、そんなに売れてるわけでもない」
みたいな感じでした。

それが、いまさらのように「人気が出て来た!」なんて。
不思議です。たまにはいいことがあるんですね。

まあ、たとえ、増刷かかっても、「印税」じゃないから、
ゼンゼンお金が貰えないみたいですけど。ははは!
[PR]
by uorya_0hashi | 2009-02-14 22:10 | お仕事関連