<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ピカットくん:02 男の子は強く、たくましく

5月号だったので、「子供の日」ネタです。
昔からある「豪快な怪力ギャグ」をとりあえず、「ちゃんと紹介」。

今時(描いたの15年近く前だけど)、このような「漫画らしい漫画」描けるのは
俺だけだろうな・・・と自画自賛したくなります。
(誰もほめないから、自分で言うしかない。文句あるか)

実は「クライマックス>オチ」が思いつかず、かなり苦労した覚えが。
ページ数がもっとあれば、展開ふくらませて、いろいろできたのですが。
でも、6ページじゃあ、しょうがなくて。

わりと「古典的な地口オチ(ダジャレ)」でごまかして、
その後に「オマケ(へなへなになる)」をダメ押しして、ごまかしました。
まあ、こんなもんだろ。

このダジャレは、自分の大学漫研の先輩で、
その後、自分も勤めていた編プロの社長の十八番のネタ。

ダジャレのページ作っていて、ネタに困って、先輩に相談すると必ず
「ゴリラ、クマったことになったワニ〜を使え!」と言うんです。
よほど、気に入ったネタのようで。そんなに良いとは・・・僕は思えないのですが。
で、しかたなく3〜4回使いました。
学習雑誌の「ダジャレクイズ」とか「ダジャレ100連発」とかいう記事で。

だから、もう絶対忘れない。

展開では「なぜか突然、猛獣大脱走!」というのが、強引すぎてステキ。
前回の「なぜか突然、タワーリングインフェルノ!」に続く、
70年代パニック映画トリビュート・・・・ホントか!?

b0019643_11314199.gif

b0019643_1132555.gif

b0019643_11322938.gif

b0019643_11324747.gif

b0019643_11333027.gif

b0019643_11334817.gif

[PR]
by uorya_0hashi | 2014-09-28 11:55 | お仕事関連

ピカットくん:01 チコクか、地獄か!?

昔、「怪力漫画館」という自分のホムペを持ってたときに
公開していたデータの再利用ですが、これからチマチマアップしていこうと思います。
そうしないと、いざという時の「書いた漫画の見本」になるようなモンに困りますので。
「昔描いた漫画」ですけれども。

15年近く前、「全家研」という通信教育のオマケについてるお楽しみ小冊子に
連載されてた「発明お笑い漫画」。
一応、藤子F先生の漫画を意識しましたが、まあ、基本的にいつもと変わらないです。
「発明のアイデア」とか「センスオブなんとか」よりも、
「目で見て面白い純粋なドタバタ」が最優先。科学的な配慮はまるでありません。
これ、いつも描いてる学習漫画じゃなくて、純粋は「お楽しみ漫画」ですから。
自分は、「子供っぽいドタバタ」が描きたくて、漫画家やってます。
なので、ソレ以外のものは「わりとどうでもよい」というスタンス。

連載始まる前に、パワーパフガールズの漫画(大人の事情で結局出版されなかった)を
描いていたりしたため、なんか・・・今見ると、
自分でも「異様に目がでかいなあ」と思うのですが、
(特に連載後半はそんなかんじ)
今更、気にしてもしょうがないので、気にしないことにします。
b0019643_21523557.gif

b0019643_21525995.gif

b0019643_21531972.gif

b0019643_21534427.gif

b0019643_21582526.gif

b0019643_21591793.gif


5ページめの3コマめ、ズボンがさけて「ポロン!」だったのですが、
当然、チェックが入り、パンツはかせました。残念無念、そのほうが面白いのに。
[PR]
by uorya_0hashi | 2014-09-27 22:07 | お仕事関連

埼玉県のまんが47都道府県研究レポート後半

後半です。

某子供向け新聞に毎週連載したとき、
一回が6ページの連載で、
各都道府県を2回、計12ページ(東京や北海道などは3回)で連載しました。
なので前半、後半で、「説明役のキャラ」がチェンジしたり、
6ページごとにオチがついたりしてます。

説明役のキャラは、郷土の生んだ偉人(の幽霊)か、
主人公の「またさぼろうのイトコ(すなわち精霊)」が勤めております。

最初はその土地の住人・・・農家や漁師のおじさんや地元小学生だったのですが、
なかなか「変化をつける」のが難しくなり、
「ゆるキャラ」みたいなのがいいだろう・・・と判断して、
各地元の「ゆるキャラ」に連絡つけて許可もらって共演・・・とか企んだのですが、
そんなメンドクサイことに編集部が賛同してくれるわけもなく、
「オリジナルのゆるキャラみたいなもの」ということで、「またさぼろうのイトコ」が
しょっちゅう出てくる事になりました。
まあ、主人公が2人出て来て、片方が「地元のコスプレ」してる感じですね。
発想は安易なのですが、描いてみると、意外にかわいらしいのがデザインできました。

埼玉の「さきたまさぼろう(ハニワ)」「こいのぼろう」なんて、
なかなかナイスなデザインと自画自賛。本当に地元に採用してもらいたいくらいだ!

さて、宣伝ですが、
この「地理まんが」・・・「まんが47都道府県研究レポート」は偕成社から全6巻で絶賛発売中!
こないだ全巻増刷しました。バンザ〜イ!
新聞連載時から、かなり内容が変わっております。改訂作業、大変でした。
http://www.amazon.co.jp/dp/4035438200/
小学生のための日本地理のお勉強に最適です! 
b0019643_18575416.jpg
b0019643_18532538.jpg
b0019643_18534080.jpg

b0019643_18541075.jpg

最後のところ、千葉県のトビラが入っております。あしからず。
[PR]
by uorya_0hashi | 2014-09-18 19:00 | お仕事関連

埼玉県のまんが47都道府県研究レポート前半

今年の春、「埼玉県の学習漫画描かないか? プレゼンに見本出してよ」と
言われまして、単行本スキャンして見本を送りました。

が、採用にはならなかったみたい。
残念無念。

それはさておき、そのときジェイペグにしたので、
ここに公開しておきます。
埼玉県の地理漫画。前半。
まずはキャラ紹介のページから。

b0019643_183089.jpg
b0019643_18303670.jpg
b0019643_18305910.jpg
b0019643_18313848.jpg
b0019643_18342661.jpg

[PR]
by uorya_0hashi | 2014-09-18 18:35 | お仕事関連